« 2008年12月 | メイン | 2009年02月 »

2009年01月 アーカイブ

2009年01月01日

元旦登山

昨年はあまりの降雪の勢いと積雪量に圧倒されて中止したが
今年は多少の降雪状況ならば強行ということにしていた。
朝方から時折降り方が小康状態になって快適な歩行の期待を膨らませる。

さてY画伯の軽トラに乗って登山口に着くと画伯の知り合いであるA氏夫妻が
車からおりるところに遭遇、すでに「藤権現」に登ってきたとのこと。
あちらは50人近い登山者が押しかけてきたとのことで、すでにこちらに
何人かが向かっているとの話であった。
みんな知り合いの人達なわけで、元旦は「大力山」山頂で宴が開かれる。
数年前にも下山途中で出会ったら宴会への参加を促されて再度頂上に向かった
事があった・・・。

スノーシューの画伯が先導して最初の神社まで歩いてみて
思ったほどの積雪量でなく安心していたら、そこからが大変である。
スノーシューの跡をカンジキで歩くのはけっこう難しくて
かなりの体力的なロスも発生するし、歩きつらい。

途中から後続メンバーも追いついてきて先頭を交代してもらったので
3、4番手を歩くのであれば快適なものであった。
中途半端な降雪量に低い潅木の枝が道に倒れかかっていたり
夏道のコースが不鮮明であったりしてトップは苦労していた。

結局、1時間30分ほどの時間を費やして頂上に到着、
この時期には珍しく休憩舎が埋まっておらずにテーブルとベンチを利用して
宴会会場が設営された。
われ等はほとんど空身だったのでビールや美味しいおつまみをご相伴になって
いろんな条件が許せば長居も可能であったが、涙をのんで下山。

D理容室のSご夫妻、割烹Uのご主人、Aご夫妻、ごちそうさまでした。
後ろ髪を引かれる思いでの下山でした。
今後ともよろしくお願いいたします、

20090101_DAIRIKI2.jpg
大力山休憩舎での宴会風景

2009年01月03日

雪下大根

知人の畑の雪の下に埋まっていた大根2種が
夕刻に掘り出され届けてもらった。

1種は在来の白くて長いものだが遅く種を撒いたので
降雪があるまでに生育が順調にゆかずに雪の下になった。
もう1種は「ミラノ大根」と呼称されているらしい紫の大根、
緑の大根もあったのだが、今回は紫の大根を頂いた。

さっそく夕食の一皿になったわけで、2種の大根をスライスして
ゆずを半分に割って大胆にその果汁を絞り掛けたのみ、
あまりの彩りの美しさにカメラに収めた。

ついでに食卓の説明、左から冷凍にしてあった「枝豆」(匂い早生)
鯛・昆布〆のちょい焼き、
大根・2種、簡単サラダ
ゼンマイ煮物、下は松前漬け
下段の半分だけ映っているのが「イワシ明太」焼き物
その隣は「のっぺい汁」

本日で正月三昧は終了。
食事もお酒の量も明日からは平日にもどさねばいけない、

20090103_daikon.jpg
食卓風景

2009年01月09日

新春の料理番

クライアントや知人への新年のご挨拶を兼ねて上京、
例年に比べたら暖冬小雪なので安心して家を空けられる。
東京の街も暖かいのだが人々の服装にはいつもながら驚く、
なぜならあんなに暖房の効いた電車のなかでコート、マフラー、手袋で
しっかり防御して寒そうにしている人がいると思ったら
コートなしで汗ばんでいる人もいる。(ややメタボ青年だが)
ちなみに小生はコートを脱いでしまったが・・・・。

手土産に昨年の暮れに採った「ナメコ」と「ヒラタケ」の塩漬けや
干し柿など「魚沼のスローフード」を配ってあるいた。
そのお返しに「アンキモ」のボイルした塊をもらったのであるが、
数日後には「アンコウ」の吊るし切りをやる予定なので
今宵はいつもと違ったレシピでフォアグラ風にソテーを作ってみることにした。

20090109_ankimo.JPG
アンキモ・ソテー(赤ワインソース、キノコ添え)

2009年01月13日

賽の神

恒例の「賽の神」がとり行われた。
いつのまにか1月・第2週の月曜日が「成人の日」になってから
1・15の儀式が第2日曜日か翌月曜日に行われるようになってしまった。
政府は連休を作る為になんとも無粋なことをやってくれる・・・・。

さて連休中は須原の小屋を訪れた人たちの「あんこう」吊るし切りや
「鴨鍋」を取り仕切る為にかけずり廻り、よく飲み食べた。
久しぶりの鴨はやはり美味い。
水を一切使わずに白菜と鴨肉だけを土鍋でじっくりと炊けば
白菜の水分と鴨から出る旨みが濃厚なスープとなって染み出す。
最後に醤油で味を調えるだけの猟師である友人から教わったレシピだ。

もうひと鍋は一般的な「鴨汁鍋」で白菜、ネギ、シラタキ、キノコ、焼き豆腐を
たっぷりの鴨汁で煮込んでふうふう云いながら食べ、仕上げは「うどん」を入れて完食。
唇が獣油でテラテラとぬめり、滋養が体にゆきわたった。

20090112_sainokami.JPG
賽の神・炎上

2009年01月14日

今冬・初めての雪下ろし

荒れた昨日までの天気がウソのように朝から晴れ上がる。
里山詣での誘惑もあったが、来週からの「出稼ぎ」もあるし、
明日はまた雪模様になるらしいので須原の小屋の雪下ろしに出かけた。

昨年はこの時期、すでに数回下ろしていたなぁと思いながら屋根に登る。
積雪量は1mくらいか、半分は古くて重い雪が積もっていた。
半分くらい終えてペットボトルの水を飲んでいたら
先ほどから養魚池に雪掘りに来ていた古老から声がかかる。
「透明なんじゃなくて濁った水がいいろや、景色もいいし・・・」
つまりビールでも飲んだほうがいだろうという挨拶。
「終わったら飲むさ、今飲んだら仕事が進まないから」と答える。
「お前、池の岩魚かヤマメが欲しかったらやるぞ、晩酌用に・・」などと
古老と屋根の上から50mほど離れた池の端で大声でやり取りをする。

たっぷりと2時間の作業を終えたらシャツ2枚が汗でぐっしょり、
これで里山に登ったと同じくらいの運動量があったかな?
今時、屋根の雪を下ろす作業する人は居なくなった、
新築の家はほとんどの家が自動落雪屋根にしているから・・。
自宅と須原の小屋は残念ながら人力で雪の処理をせねばならない。

さて午前中の作業は須原の小屋で終えたが午後はまだ太陽の勢いがあったので
自宅の屋根にも登って昨日の続きで屋根の縁の固い雪を落とした。

いずれもザイルを使ってビレイを取りながらの作業で
安心・安全を心がけているが幾つまでこの作業が続けられるのか?
いい汗をかいたから今宵のビールはさぞかし美味いだろうな・・・。

20090114_suhara.JPG
屋の上から守門の山里

2009年01月28日

第一次出稼ぎ終了

急な依頼で上京し都心を中心に野外作業を行った。
すでに秒読みが始まった「地上波デジタル」関連の電波測定である。
一週間以上いろんな場所を車に測定器を搭載したまま計測する作業で
単調で窮屈な姿勢のままなので最後の日には体調を崩してしまった。
まあ、久しぶりの都会時間で仕事をして電車通勤を行ったり
不規則な食生活を送ったせいもあるやもしれない。

測定開始ボタンを押してしまうと車が周回コースを巡航する間と
次の測定ポイントに移動する間は暇なのでついラジオを聞いてしまう。
借り物のSTワゴンにはAMラジオしか付いていないわけで
ニュース以外の時間は各民放局をザッピング、
日常はニュース以外のTV番組をほとんど観ない分FM番組を聴いているわけで
AM放送は久しぶりに聴く新鮮なものであった。

1週間以上、それも大寒の時期に雪国を離れることに
危機感を感じていたが(屋根の積雪)暖冬のおかげというか
帰宅した時には出発以前よりも雪が少なくなっていて驚いた。
関東地区での天気予報ではいつも雪だるまマークが出ていたから・・・
この状況だと藪が雪に隠れて歩き易い山歩きは不可能かもしれない。

さて明日も好天の予報で山仲間に「斑尾山」への山歩きを誘われている、
久しぶりの山になる予定・・・・

2009年01月30日

絶好の好天

2日目の好天、T夫妻に誘われて再びの「信州トレイル」へ
今回は「斑尾山」が目的地である。
魚沼から2時間ほどでいわゆる「斑尾スキーエリア」に到着、
温泉センターの駐車場に車を停めて歩行準備をする。
ベテランN女史は唯一の実に使い良さそうなカンジキ組、
残りの5名はスノーシューを履いて温泉センターの裏手から「斑尾山」を目指す。

最初はミズナラの立ち木や植林された唐松林が生えた緩いのぼりが続き、
体が温まった頃に杉の急斜面が始まる。
ヒールアップ(スノーシューの踵)をして登るも、かなりの重労働に
汗がポタポタと流れ落ちて日頃の運動不足を感じることになった。
稜線に出ると反対側から吹き上げる風にほてった体の体温が
一気に奪われて、今回新調したウォーム&ドライのシャツでなければ
けっこうダメ-ジがあったかもしれない。

「斑尾山」山頂そのものは展望が悪く、300mほど離れた
「大明神岳」まで移動すると、そこは妙高や黒姫が真正面に見える
絶好のビューポイントになっていた。
アマ無線のリピーター中継所が設置されていたりするあたりも
このピークが地理的にも絶好のポイントになっているのだろう。

風を避けて少し下った稜線でお昼を食べることになり
其々が用意を始めたが、小生は前回残量半分のボンベの
火力が足りなかった失敗に懲りて新品のGASボンベを用意し
更にボンベに防寒用のコートを着せたものを持参、
テルモスから湯を注いでの加熱だったからすぐに沸騰して
熱々のカップ麺にありつけた。

恒例のT夫妻のザックからは「おでん」や「漬物」などがぞくぞく現れる、
ビールを少しだけ頂いて皆で乾杯。
陽射しが強いので風さえ当らねばけっこう暖かく感じるから不思議だ
多分気温は5度くらいだと思うのだが・・・・。

下降はやや硬い雪にてこずりながらもヒール荷重でガンガンと下る。
ガラガラに空いた「斑尾の湯」で汗を流して帰途についた車内では
快い疲れに筋肉が弛緩しっぱなしだった。

20090129_myoukou.jpg
大明神岳からのパノラマ

20090129_karamatu.JPG
唐松と白樺の混生林

About 2009年01月

2009年01月にブログ「魚沼通信」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年12月です。

次のアーカイブは2009年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 3.34